高可用性をシンプルに

オールインワンの高可用性

SafeKit では、負荷分散、同期データ レプリケーション、フェールオーバーを同じ価格で利用できます。そのため、ネットワーク機器、複製された SAN ストレージ、エンタープライズ エディションの OS や DB のコストを節約できます。

ロード バランシング、レプリケーション、フェイルオーバー機能を備えたソフトウェアのみで構成可能なハイ アベイラビリティ ソリューションになります。

ハードウェアへの追加の投資は不要

共有ディスクや複製された SAN ストレージについて考える必要はありません。SafeKit はハードウェアに依存しないため、お使いの物理サーバー、仮想サーバー、クラウドで実行できます。

ソフトウェアへの追加の投資は不要

SafeKit は、標準エディションの OS やデータベースで使用できます (標準エディションの Windows、Linux、Microsoft SQL Server、Oracle、Firebird、MySQL、PostgreSQL、その他のデータベース、ファイル)。

特別なスキルは不要

2 台のサーバーに SafeKit 高可用性ソリューションを展開するのに特別なコンピューター スキルは必要ありません。

SafeKitモジュール

SafeKitのデモンストレーション

SafeKitウェビナー(英語)

Microsoft SQL Serverミラー(英語)

Apacheファーム(英語)

Hyper-V クラスタ(英語)

SafeKit事例

SafeKitの詳細

正しい選択

市場には様々な種類の高可用性ソリューションがありますが、SafeKit の特徴は、以下に示すようなシンプルさにあります。

ソフトウェア クラスタリング vs ハードウェア クラスタリング

サーバー クラスターを構築するときには2つの選択肢があります。SafeKit のようなソフトウェア クラスタリングと、ハードウェア クラスタリングです。SafeKit の方がはるかに実装が簡単です。

シェアード ナッシング クラスター vs 共有ディスク クラスター

SafeKit は、共有ディスク クラスターではなくシェアード ナッシング クラスターです。共有ディスクを構成する必要がないため、サーバーを簡単に遠隔地のコンピューター ルームに配置できます。 SAN や複製ディスクは必要ありません。

VM HA とアプリケーション HA

VM HA では高可用性が仮想マシン レベルで実装され、アプリケーション HA では高可用性がアプリケーション レベルで実装されます。VM HA とアプリケーション HA のどちらかを選択するには、この記事を参照してください

バイトレベル ファイル レプリケーション vs ブロックレベル ディスク レプリケーション

バイトレベル ファイル レプリケーションでは、ブロックレベルディスク レプリケーションとは違って、リアルタイムで複製するファイルのディレクトリを定義するだけで済みます。SafeKit はファイル ベースのレプリケーション ソリューションであるため、完全に複製される特別なディスクを構成する必要はありません。

同期レプリケーション vs 非同期レプリケーション

非同期レプリケーションではなく同期レプリケーションの SafeKit を選択すれば、フェールオーバー時にデータが失われることがありません。

ネットワークの前提条件のないネットワーク負荷バランス

SafeKit は、特別なネットワーク構成を必要としないマイクロソフトの NLB マルチキャストまたはVMware でのユニキャストに代わるものです。そして、それは、Windows および Linux 上で実行可能です。

SafeKit の高可用性アーキテクチャ