N-1 冗長

Evidian SafeKit

N 台のサーバーから 1 台のサーバーへのデータ レプリケーションとアプリケーション フェイルオーバーによる高可用性

SafeKit HA ソフトウェアは、N 台のサーバー上で実行される N 個のアプリケーションとフェイルオーバー用の 1 台のバックアップからなるシンプルな N-1 冗長クラスターを提供します。SafeKit N-1 冗長クラスターでは、各アプリケーションはそれぞれ専用に複製されたディレクトリで動作します。

N-1 冗長

あるプライマリ サーバーで障害が発生した場合には、アクティブ/アクティブ クラスターとは異なり、バックアップ サーバーは二重のワークロードを処理しません。これは N-1 冗長クラスターでは一度に 1 つの障害しか発生しないと想定しているためです。このソリューションは複数のプライマリ サーバー障害を同時にサポートできますが、その場合は、障害が発生したすべてのサーバーのワークロードを 1 台のバックアップ サーバーがまとめて処理する必要があります。

N-1 冗長を実装する方法とは?

SafeKit の N+1 冗長クラスターは、N 個のミラー モジュールを N+1 台のサーバーに展開することによって簡単に構成できます。各ミラー モジュールには、独自の仮想 IP アドレス設定、複製されたディレクトリ、再起動スクリプトが格納されています。

SafeKitモジュール

SafeKitのデモンストレーション

SafeKitウェビナー(英語)

Microsoft SQL Serverミラー(英語)

Apacheファーム(英語)

Hyper-V クラスタ(英語)

SafeKitの詳細

正しい選択

市場には様々な種類の高可用性ソリューションがありますが、SafeKit の特徴は、以下に示すようなシンプルさにあります。

ソフトウェア クラスタリング vs ハードウェア クラスタリング

サーバー クラスターを構築するときには2つの選択肢があります。SafeKit のようなソフトウェア クラスタリングと、ハードウェア クラスタリングです。SafeKit の方がはるかに実装が簡単です。

シェアード ナッシング クラスター vs 共有ディスク クラスター

SafeKit は、共有ディスク クラスターではなくシェアード ナッシング クラスターです。共有ディスクを構成する必要がないため、サーバーを簡単に遠隔地のコンピューター ルームに配置できます。 SAN や複製ディスクは必要ありません。

VM HA とアプリケーション HA

VM HA では高可用性が仮想マシン レベルで実装され、アプリケーション HA では高可用性がアプリケーション レベルで実装されます。VM HA とアプリケーション HA のどちらかを選択するには、この記事を参照してください

バイトレベル ファイル レプリケーション vs ブロックレベル ディスク レプリケーション

バイトレベル ファイル レプリケーションでは、ブロックレベルディスク レプリケーションとは違って、リアルタイムで複製するファイルのディレクトリを定義するだけで済みます。SafeKit はファイル ベースのレプリケーション ソリューションであるため、完全に複製される特別なディスクを構成する必要はありません。

同期レプリケーション vs 非同期レプリケーション

非同期レプリケーションではなく同期レプリケーションの SafeKit を選択すれば、フェールオーバー時にデータが失われることがありません。

ネットワークの前提条件のないネットワーク負荷バランス

SafeKit は、特別なネットワーク構成を必要としないマイクロソフトの NLB マルチキャストまたはVMware でのユニキャストに代わるものです。そして、それは、Windows および Linux 上で実行可能です。

SafeKit の高可用性アーキテクチャ