ソフトウェア SAN による経済的な障害回復ソリューション

Evidian SafeKit

ソフトウェア SAN を使用して 2 つのリモート コンピューター ルーム間に障害回復ソリューションを実装する方法

データ センターは SafeKit の高可用性ソフトウェアを選びます。SafeKit 高可用性ソフトウェアはシンプルなソフトウェア SAN と経済的な障害回復ソリューションを実装しているからです。また、SafeKit HA クラスターを同じコンピューター ルームに展開する場合とリモート コンピューター ルームに展開する場合とで構成に違いがないのも理由の一つです。リモート コンピューター ルームと障害回復管理の複雑さは SafeKit 内に統合され、ユーザーからは隠されます。特に、クラスター クォーラムの問題を解決するための 3 台目のマシンは必要ありません。

データ センターにおけるシンプルなソフトウェア SAN による経済的な障害回復ソリューションをお探しの場合は、この製品をお試しください

ソフトウェア SAN による経済的な障害回復ソリューション

データ センターで SafeKit が選ばれる 3 つの主な理由は次のとおりです。

  1. SafeKit はハードウェアに依存しないソリューションで、複製されたハードウェア SAN またはネットワーク負荷分散装置に依存するハードウェア フェイルオーバー クラスターのコストを削減できます。
  2. SafeKit は次の 3 つのクラスタリング製品を 1 つのソフトウェアに統合します。
  3. SafeKit を使用すると、拡張 LAN で接続されたリモート コンピューター ルームにサーバーを簡単に配置できます。特殊なクラスター構成は必要ありません。SafeKit はアプリケーションの高可用性と障害回復を統合します (前のビデオをご覧ください)。一時的なネットワーク分離 (スプリット ブレイン) が発生した場合、SafeKit HA クラスターは、データを破損せず、またクラスター クォーラムのための 3 台目のマシンまたは特別なディスクを必要とせずに、通常の運用に戻ります。

SafeKitモジュール

SafeKitのデモンストレーション

SafeKitウェビナー(英語)

Microsoft SQL Serverミラー(英語)

Apacheファーム(英語)

Hyper-V クラスタ(英語)

SafeKitの詳細

正しい選択

市場には様々な種類の高可用性ソリューションがありますが、SafeKit の特徴は、以下に示すようなシンプルさにあります。

ソフトウェア クラスタリング vs ハードウェア クラスタリング

サーバー クラスターを構築するときには2つの選択肢があります。SafeKit のようなソフトウェア クラスタリングと、ハードウェア クラスタリングです。SafeKit の方がはるかに実装が簡単です。

シェアード ナッシング クラスター vs 共有ディスク クラスター

SafeKit は、共有ディスク クラスターではなくシェアード ナッシング クラスターです。共有ディスクを構成する必要がないため、サーバーを簡単に遠隔地のコンピューター ルームに配置できます。 SAN や複製ディスクは必要ありません。

VM HA とアプリケーション HA

VM HA では高可用性が仮想マシン レベルで実装され、アプリケーション HA では高可用性がアプリケーション レベルで実装されます。VM HA とアプリケーション HA のどちらかを選択するには、この記事を参照してください

バイトレベル ファイル レプリケーション vs ブロックレベル ディスク レプリケーション

バイトレベル ファイル レプリケーションでは、ブロックレベルディスク レプリケーションとは違って、リアルタイムで複製するファイルのディレクトリを定義するだけで済みます。SafeKit はファイル ベースのレプリケーション ソリューションであるため、完全に複製される特別なディスクを構成する必要はありません。

同期レプリケーション vs 非同期レプリケーション

非同期レプリケーションではなく同期レプリケーションの SafeKit を選択すれば、フェールオーバー時にデータが失われることがありません。

ネットワークの前提条件のないネットワーク負荷バランス

SafeKit は、特別なネットワーク構成を必要としないマイクロソフトの NLB マルチキャストまたはVMware でのユニキャストに代わるものです。そして、それは、Windows および Linux 上で実行可能です。

SafeKit の高可用性アーキテクチャ