VM HA とアプリケーション HA

Evidian SafeKit

VM HA では高可用性が仮想マシン レベルで実装され、アプリケーション HA では高可用性がアプリケーション レベルで実装されます。

アプリケーション HA

クラウド内外でSafeKit は以下を実現します。

  • 同じアプリケーション クラスタリング ソリューション
  • 同じ統合
  • ファームミラーのアーキテクチャにおける同じ操作モード
  • 同じ一元管理コンソール

これは、アプリケーションを異種環境に展開するソフトウェア パブリッシャーに不可欠な機能です。アプリケーションの高可用性は、物理サーバー、VMware 環境、Hyper-V 環境、その他のハイパーバイザーで機能する必要があります。

VM HA

SafeKitを使用したVM HA:

  • 2台の Windows Hyper-V または Linux KVM 物理サーバー
  • 1 つの VM 全体のレプリケーションとフェイルオーバーを行うための、1 つのミラー モジュール
  • N 個の VM 用の N 個のミラー モジュール (2 台の物理サーバーで VM 数は 25 に限られる)
  • VM が 2 台のサーバーに分散されているアクティブ/アクティブ クラスター
  • すべての VM のフェイルオーバーを管理するための一元管理 Web コンソール

2 台のサーバーが離れた場所にある 2 つのコンピューター ルームに配置されている場合は、このアーキテクチャに共有ディスクや複製された SAN は必要ありません。

VM HA とアプリケーション HA

SafeKit を使用した VM HA SafeKit を使用したアプリケーション HA
SafeKit inside 2 hypervisors

VM HA

SafeKit replication and failover of full VM

SafeKit inside 2 virtual or physical machines

Application HA

SafeKit replication and failover at application level

複製するデータが多すぎる (アプリケーションと OS) アプリケーション データのみを複製
クラッシュした場合は VM を再起動 (リカバリー時間) VM1 がクラッシュした場合は OS2 のアプリケーションを迅速に再起動
アプリケーション チェッカーとソフトウェアのフェイルオーバーは不要 アプリケーション チェッカーとソフトウェアのフェイルオーバー
OS またはアプリケーションの修復時にダウンタイムが生じるリスクあり (単一のイメージ) OS1 または OS2 またはアプリケーションのスムーズなアップグレード (2 つのイメージ)
任意のアプリケーション/OS 向けの汎用ソリューション アプリケーションごとに統合

SafeKit Hyper-V クラスターおよび VMware HA

Hyper-V クラスターおよび VMware HA SafeKit と Hyper-V または KVM
シンプルで経済的なソリューション
Hyper-V クラスターおよび VMware HA SafeKit と Hyper-V または KVM
共有ディスクと特定のディスク ベイ 共有ディスクは不要
リモート サイト = SAN 全体のベイの複製 リモート サイト = 複製された SAN は不要
エンタープライズ エディションの Windows および VMware 無料のエディションの Hyper-V または KVM
システムを構成するための特別な IT スキル システムを構成するための特別な IT スキルは不要
多数の VM 限られた数の VM (VM 数 25)

SafeKitモジュール

SafeKitのデモンストレーション

SafeKitウェビナー(英語)

Microsoft SQL Serverミラー(英語)

Apacheファーム(英語)

Hyper-V クラスタ(英語)

SafeKitの詳細

正しい選択

市場には様々な種類の高可用性ソリューションがありますが、SafeKit の特徴は、以下に示すようなシンプルさにあります。

ソフトウェア クラスタリング vs ハードウェア クラスタリング

サーバー クラスターを構築するときには2つの選択肢があります。SafeKit のようなソフトウェア クラスタリングと、ハードウェア クラスタリングです。SafeKit の方がはるかに実装が簡単です。

シェアード ナッシング クラスター vs 共有ディスク クラスター

SafeKit は、共有ディスク クラスターではなくシェアード ナッシング クラスターです。共有ディスクを構成する必要がないため、サーバーを簡単に遠隔地のコンピューター ルームに配置できます。 SAN や複製ディスクは必要ありません。

VM HA とアプリケーション HA

VM HA では高可用性が仮想マシン レベルで実装され、アプリケーション HA では高可用性がアプリケーション レベルで実装されます。VM HA とアプリケーション HA のどちらかを選択するには、この記事を参照してください

バイトレベル ファイル レプリケーション vs ブロックレベル ディスク レプリケーション

バイトレベル ファイル レプリケーションでは、ブロックレベルディスク レプリケーションとは違って、リアルタイムで複製するファイルのディレクトリを定義するだけで済みます。SafeKit はファイル ベースのレプリケーション ソリューションであるため、完全に複製される特別なディスクを構成する必要はありません。

同期レプリケーション vs 非同期レプリケーション

非同期レプリケーションではなく同期レプリケーションの SafeKit を選択すれば、フェールオーバー時にデータが失われることがありません。

ネットワークの前提条件のないネットワーク負荷バランス

SafeKit は、特別なネットワーク構成を必要としないマイクロソフトの NLB マルチキャストまたはVMware でのユニキャストに代わるものです。そして、それは、Windows および Linux 上で実行可能です。

SafeKit の高可用性アーキテクチャ