Identity Governance & Administration の最新版をリリースしました

Published 2018年 10月 12日

Identity & Access Management ソリューションの LEADER(*1) である Evidian はIdentity Governance 製品の最新版となる Evidian Identity Governance & Administration (以下、 Evidian IGA という) 10.02  をリリース致しました。この新しいリリースには、強化されたセキュリティ機能、特定のアプリケーションに対しユーザー権限を再認定できる機能、様々なユースケースに対応できるガバナンスレポートの追加セットなどの新しい機能が含まれています。

 

強化されたセキュリティ

Evidian IGAでは、アプリケーションやパーミッションをトリガーポイントとして、ユーザーが正規の手続きによって保有している権限を、「アクセス認定キャンペーン」を起動することによって、現在当該ユーザーが従事している業務の実態から引き続き保有する必要性を評価し、継続保有の是非を認定するアイデンティティガバナンスに求められる最新の機能が追加されました。この新しい機能には、ガバナンスプロセスを分析し、コンプライアンスの証明として役立てる専用のレポートセットが含まれ、セキュリティ専門家はリスクレベルに応じたユーザーの権限と資格を再認定する事ができる様になります。

 

ガバナンスレポートの拡張セット

 パフォーマンス指標とセキュリティレポートの新しいセットの追加によりガバナンスレポートが強化されました:

 

容易な展開

Evidian IGAはよりフレキシブルな ID 管理機能を提供します。Evidian IGAにより構築されたID管理システムの管理者は承認ワークフロー設定の調整と、組織/関連組織のアイデンティティテンプレートを容易に作成することができます。また、一回の操作で関連する全ての権限を自動的に作成できるため、アプリケーションをより簡単にID管理システムと関連付けることができます。

Evidian IGAには40以上のワークフロープロセスや特定の組織モデルが含まれています。

 

Evidianのソリューションは追加のプログラミング又はサービスを求めず、全てのユースケースやIDライフサイクルパターンに対応する組込みの機能を提供します。また、実装時間を短縮し、コストを削減します。

contact
問い合わせ
製品デモ

ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください