N-1 冗長

N 台のサーバーから 1 台のサーバーへのデータ レプリケーションとアプリケーション フェイルオーバーによる高可用性

SafeKit HA ソフトウェアは、N 台のサーバー上で実行される N 個のアプリケーションとフェイルオーバー用の 1 台のバックアップからなるシンプルな N-1 冗長クラスターを提供します。SafeKit N-1 冗長クラスターでは、各アプリケーションはそれぞれ専用に複製されたディレクトリで動作します。

SafeKit N-1 redundancy cluster

あるプライマリ サーバーで障害が発生した場合には、アクティブ/アクティブ クラスターとは異なり、バックアップ サーバーは二重のワークロードを処理しません。これは N-1 冗長クラスターでは一度に 1 つの障害しか発生しないと想定しているためです。このソリューションは複数のプライマリ サーバー障害を同時にサポートできますが、その場合は、障害が発生したすべてのサーバーのワークロードを 1 台のバックアップ サーバーがまとめて処理する必要があります。

N-1 冗長を実装する方法とは?

SafeKit の N+1 冗長クラスターは、N 個のミラー モジュールを N+1 台のサーバーに展開することによって簡単に構成できます。各ミラー モジュールには、独自の仮想 IP アドレス設定、複製されたディレクトリ、再起動スクリプトが格納されています。

詳細情報:


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください