高可用性アーキテクチャ

重要なアプリケーションのための高可用性アーキテクチャの選択

SafeKit ソフトウェアでは、重要なアプリケーションのための高可用性アーキテクチャを使用するにはアプリケーション モジュールの定義が必要です。

SafeKit には 2 種類の高可用性アーキテクチャを作成するための次の 2 つの汎用モジュールが用意されています。

ファームまたはミラー モジュールを構成すれば、重要なアプリケーションを伴う SafeKit クラスターの展開は容易であり、特定の IT スキルは必要ありません。また、管理コンソールも容易になり、重要なアプリケーション管理時の人的エラーを回避できます。

High availability architecture

同じ HA クラスターにいくつかのモジュールを展開できます。したがって、特定のアプリケーション向けにファームおよびミラー クラスターアクティブ/アクティブ クラスター、または N+1 冗長などの高度な高可用性アーキテクチャを実装できます。

SafeKit ソフトウェアを使用した高可用性アーキテクチャでは、複製された SAN、ネットワーク負荷分散、および Enterprise エディションの OS とデータベースは必要ありません。SafeKit はこれらの 3 つのハードウェア クラスタリング ソリューションをシンプルで経済的な、単一の高可用性ソフトウェアに統合しています。

詳細情報:


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください