クラスター管理

人的エラーを回避できるシンプルなクラスター管理

人的エラーは、重要なシステムのダウンタイムの大きな理由の 1 つです。重要なアプリケーションを扱う際にクラスター管理のシンプルさがキーワードになるのは理由です。

SafeKit は、重要なアプリケーションを管理者自らの手で管理するためのシンプルなユーザー インターフェースを管理者に提供します。クラスター管理コンソールでは、重要なアプリケーションの状態が赤、緑、マゼンタで表示されます。また管理者は、シンプルな開始、停止、スワップ ボタンでアプリケーションを手動で再起動できます。

次の図は、ミラー モジュールのサーバー 1 で重要なアプリケーションが実行されているときにサーバー 2 を再起動したときのクラスター管理コンソールを示しています。

Simple SafeKit cluster management to avoid human error on a critical application

Web コンソール(英語)は、トラブルシューティング手順(英語)をまとめたユーザー ドキュメントによって補完されます。SafeKit 汎用コマンド ライン インターフェースを使用する(英語)と、SafeKit モジュール内に組み込まれたすべてのアプリケーションを、Patrol、Microsoft SCOM、Nagios コンソールを使用して汎用的な方法で管理できます。

SafeKit モジュール は単一のサーバーにインストールできることに注意してください。この場合、モジュールはクラスター管理コンソールに表示され、管理者はシンプルな SafeKit ユーザー インターフェースを使用して重要なアプリケーションを管理できます。ソフトウェア障害が発生すると、モジュールは自動的に重要なアプリケーションを再起動します。

詳細情報:


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください