バイトレベルファイル レプリケーションとブロックレベルディスク レプリケーション

バイトレベルファイル レプリケーションとブロックレベルディスク レプリケーションは、クラスター ソリューションの選択時に考慮すべき重要な点です。

SafeKit によって実装されるバイトレベルファイル レプリケーションを使用するクラスターの展開は、ブロックレベルディスク レプリケーションを使用するクラスターよりはるかに簡単です。次の表では、その理由について説明します。

バイトレベルファイル レプリケーションとブロックレベルディスク レプリケーションのシンプルさ

アーキテクチャー

バイトレベルファイル レプリケーション

を使用するクラスター

Disk replication cluster

ブロックレベルディスク レプリケーションを使用するクラスター

Shared disk cluster

製品Windows Linux AIX 上の SafeKitディスク レプリケーション製品
アプリケーション データの構成SafeKit ではアプリケーション データの構成には影響がありません。
リアルタイムで複製するディレクトリを定義するだけです。
システム ディスク内部のディレクトリでも複製が可能です。
アプリケーション データの構成に影響があります。
回復するすべてのデータを、複製された特別なディスクにローカル化する必要があります。
システム ディスク内のデータは複製できません。
データ レプリケーション同期バイトレベルファイル レプリケーション ファイル オペレーション レベルでのレプリケーション。
アプリケーション アクティビティにより生成されたファイル修正の操作を複製。つまり、メタ データは複製されません。ファイル全体ではなく、ファイル内で修正されたデータのみが複製されます。
障害によるデータ損失を回避するための同期レプリケーション。
ブロックレベルディスク レプリケーション。
複製されたディスク内部で修正されたすべてのデータを複製。
アプリケーション データとメタ データが複製されます。
例えば、ファイルへの最後のアクセス時間が複製されます (最後のアクセス時間はファイルの読み取りが行われるたびに変更されます)。
展開の複雑さなし - 2 つのサーバーにソフトウェアをインストールします。あり - OS および複製されたディスクを構成するための特定の IT スキルが必要です。
フェイルオーバー2 番目のサーバーでアプリケーションを再起動するだけです。複製されたディスク上にファイル システムを再マウントします。
ファイル システムでの回復手順を完了します。
アプリケーションを再起動します。
フェイルバック自動フェイルバック。
プライマリ サーバー上のアプリケーションを停止せずにセカンダリ サーバー上のデータを再同期します。データの再同期が行われていない間はアプリケーションのフェイルオーバーは行われません。 自動フェイルオーバーおよび自動フェイルバックのビデオ
すべての製品の機能は同じレベルではありません。
スプリット ブレインおよびクォーラムネットワークの分離および修復 (スプリット ブレイン) の実行後、1 つのサーバーでアプリケーションが実行されます。
スプリット ブレイン後のデータには一貫性があります。
スプリット ブレイン用の 3 台目のマシンやクォーラム ディスク、または特別なハートビート線は必要ありません。クラスター クォーラムのビデオ:専用のクォーラム サーバーおよびクォーラム ディスク不要
すべての製品の機能は同じレベルではありません。
適したユーザーシンプルな高可用性をアプリケーションに追加したいと考えるソフトウェア編集者IT スキルを有するエンタープライズ

高可用性でシンプルさを達成する方法とは?


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください