レプリケーションによるアクティブ/アクティブ クラスター

クロス データ レプリケーションによる相互フェイルオーバーでのアプリケーション

SafeKit HA ソフトウェアは、簡単なレプリケーションによるアクティブ/アクティブ クラスターを Windows、Linux または AIX で実現します。アプリケーションは相互フェイルオーバーの 2 つのサーバー上で実行されています。それぞれのサーバーはもう一方のサーバーのバックアップとして機能します。各アプリケーションはそれぞれ専用に複製されたファイル ディレクトリ上で動作します。

SafeKit active active cluster with replication

アクティブ/アクティブ クラスターでいずれかのサーバーに障害が発生すると、すべてのアプリケーションが同じ物理サーバーでアクティブになります。障害が発生したサーバーを再起動した後、それらのアプリケーションはデフォルトのプライマリ サーバーで再開されます。

アクティブ/アクティブ クラスターはレプリケーションでどのように機能するのでしょうか?

SafeKit のアクティブ/アクティブ クラスターは、ソフトウェア データの複製を持つミラー モジュールを 2 つ、単に同じサーバー上に展開することにより設定されます。各ミラー モジュールには、独自の仮想 IP アドレス設定、複製されたディレクトリ、再起動スクリプトが格納されています。

右側のデモで紹介するように、アクティブ/アクティブ クラスターはディレクトリのデータ レプリケーションをオペレーティング システム ディスク内に実装できます。このソリューションはハードウェア フェイルオーバー クラスタリングよりもはるかに簡単で柔軟です。

こちらもご覧ください。


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください