サーバー障害により中断するデータ レプリケーション ソフトウェアのケース (同期と非同期)

データ レプリケーション ソフトウェアがトランザクション キューの更新中にサーバー障害により中断するとどうなるか?

上記のビデオは、SafeKit データ ソフトウェア レプリケーションによりリアルタイムで複製され、サーバー障害により中断されるトランザクション キューについて説明します同期レプリケーションと非同期レプリケーションの違いについて理解します。そしてサーバー障害時に、同期レプリケーションではデータ損失がないが、非同期レプリケーションではデータ損失が発生することがわかります。

同期レプリケーションによる処理

Data replication software interrupted by a server failure: what happens with synchronous replication

ビデオでは、Microsoft メッセージ キュー アプリケーションがプライマリ サーバーで実行され、トランザクション メッセージ キューを更新しています。最初にレプリケーション ネットワークが切断されます。すると複製された I/O の確認を行うことができないためトランザクション カウンタが停止することがわかります。そして、プライマリ サーバーのハードウェアリセットによりサーバー障害をシミュレーションします。SafeKit データ レプリケーション ソフトウェア同期レプリケーション機能のおかげで、Microsoft メッセージ キュー アプリケーションの自動再起動がトランザクションを損失することなく行われます。

非同期レプリケーションによる処理

同じデモンストレーションで非同期レプリケーションを使用すると、ネットワーク障害中に発生したすべてのトランザクションが失われます。トランザクションが飛行機の予約であるとすると、サーバー障害後ユーザーの予約が失われるため、複数の乗客によって同じ座席が予約されることになります。これが、SafeKit 高可用性ソフトウェアではアプリケーションの信頼性を実現するために同期レプリケーションが実装される理由です。

結論

データ レプリケーション ソフトウェア ソリューションを選択する際に正しい選択を行うには、この「HA ガイド (高可用性ガイド)」をお読みください。同期レプリケーションと非同期レプリケーションの詳細についてはここをご参照ください…


製品デモ


ホワイトペーパー



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください