Gartner Identity & Access Management Summit 2012 で、Evidian のお客様 2 社が事例を紹介

  2012年 2月 2日

パリ – アイデンティティ/アクセス管理の分野でヨーロッパをリードする Evidian は、2012 年 3 月 12 ~ 13 日に英国のロンドンで開催される Gartner Identity & Access Management Summit で Evidian のお客様 2 社が事例を紹介することを発表しました。

Gartner Identity & Access Management Summit は、IAM を担当する IT プロフェッショナルやビジネス プロフェッショナルのプレミア集会です。その議題は、十分に練られた適切な IAM プログラムの提供の実用性、新しい技術の課題と機会、およびビジネスやその他の分野と統合する必要性に重点を置いた内容になっています。

このセッションでは、参加者の皆様に、再利用可能なベスト プラクティスによってアクセスの複雑さという難題を解決する方法について段階を追って説明します。Sanofi がさまざまな関係者を参加させて、アクセス管理に関する内部の合意を確立した方法をご覧ください。展開の障害となるものを技術面 (簡単なもの) と組織面の両方で予測する方法、および測定可能なメトリックを企業の戦略と連携させて経営陣を常に参加させる方法についてご紹介します。

アイデンティティ/アクセス管理は、ハイレベルな情報セキュリティを確保するうえで不可欠な要素です。IAM プロジェクトは、さまざまな規制、法律、または制約のため、広く使用されるようになっています。最初はシンプルに見えるかもしれませんが、その多くは急速に複雑化し、コストとリスクが増大するようになります。このような傾向を回避または軽減するには、3 つの主な項目に留意する必要があります。それは、1. IAM プロジェクトはビジネス プロジェクトであり、実際には経営陣がサポートする必要があるということ、2. プロジェクトのガバナンスが不可欠であるということ、3. シンプルかつ実用的な内容で維持するよう努めることです。

Evidian は、Gartner Identity and Access Management Summit 2012 のシルバー スポンサーです。このサミットで、Evidian は最新の Identity & Access Manager スイートをご紹介します。前述の事例のプレゼンテーションは、どちらも 2012 年 3 月 13 日 11 時 30 分に行われます。

Gartner Identity & Access Management Summit 2012 について

Gartner Identity & Access Management Summit 2012 では、アイデンティティ/アクセス管理 (IAM) 技術の未来と、変化する市場の情勢について探ります。このサミットを活用して、組織は望ましいビジネス成果を促進したり、アイデンティティ関連のサービス レベルを向上させたり、増え続ける規制とコンプライアンスに関する義務を果たしたりすることができます。

3 月 12 ~ 13 日にロンドンで開催される Gartner Identity & Access Management Summit 2012 の詳細については、www.gartner.com/eu/iam(英語) を参照してください。また、Twitter (twitter.com/Gartner_inc(英語) で #GartnerIAM を使用してイベントをフォローすることもできます。


製品デモ



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください