Evidian が日本事業を拡大

  2012年 10月 3日

パリ – アイデンティティ/アクセス管理ソフトウェアの分野でヨーロッパをリードする Evidian は本日、日本における製品のプロモーションとサポートを目的とする新会社、Evidian-Bull Japan 株式会社 を設立したことを発表しました。これにより、Evidian が直接事業を展開する国は、日本、フランス、ドイツ、米国、英国の 5 か国になります。そのほかに、他の多くの国々をカバーするリセラーのグローバルなネットワークがあります。

この新会社は、日本 (およびアジア全体) における Evidian の事業展開の大きな節目となるもので、日本国内のお客様と海外のお客様にローカル サポートを提供します。Evidian は、この新会社を通じて、シングル サインオン、認証管理、ユーザー アクセス ポリシーの製品を含むアイデンティティ/アクセス管理ソフトウェアの全ラインアップを提供します。

東京の渋谷区に本社を置くこの新子会社は、日本のパートナーに完全なテクニカル サポートとコマーシャル サポートを提供します。日本市場の特殊性を考慮した製品カスタマイズ、製品サポート、トレーニング、コンサルティングの各サービスを含むパートナー プログラムを立ち上げて、日本とアジアで Evidian パートナーのネットワークを広げていきます。

日本は、Evidian にとって常に重要な市場でした。そのため、Evidian は、早くから日本語のサポートや日本特有の技術と規格を製品に組み込んできました。日本で直接事業を展開することは、長期の投資を重んじる市場に対する Evidian の強いコミットメントの表れです」と Evidian の COO、Hassan Maad (ハッサン・マード) は述べています。「Evidian-Bull Japan の設立により、新しい顧客を引き入れたり、パートナーとの大規模なプロジェクトに参加したりできるようになります。さらに、日本に支社を構える海外のお客様にローカル サポートを提供できるようにもなります。

Evidian-Bull Japan では、Olivier Issartel (オリビエ・イサテル) が日本総括マネージャーを務め、Evidian 製品のエキスパートチームが彼を補佐します。Olivier Issartel (オリビエ・イサテル) は、日本市場とセキュリティ ソリューションに関する 20 年以上の経験を持っています。

Evidian-Bull Japan は、2012 年 10 月 24 ~ 26 日に、Japan IT Week の一環として開催される情報セキュリティ EXPO に出展します。詳しくは、www.japan-it.jp/ をご覧ください。


製品デモ



contact
問い合わせ


contact
ニュース レター

Evidian ニュース レターを受信するには、以下のフォームに記入してください